HGUCユニコーンガンダム製作記その2 ポストホビー厚木店です!

HGUCユニコーンガンダム製作記その2のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

HGUCユニコーンガンダム製作記その2

どうもこんにちは。ガンダム担当Oです。
さてさて始まりました製作記。ちなみにタイトルですがその1は無いです。「可能性の獣」ってタイトルが製作記その1にあたります。ではいきまっしょい。

まずは頭部です。
Dscf5792.jpg
アトハメの必要も無く合わせ目もきません。ヒケとゲート跡の処理で充分です。

Dscf5793.jpg
ツノはとがってないので慎重に尖らせます。まずはフラッグ(ユニオンフラッグじゃないよ。安全基準用の旗状の不要部分のことです。)を落として棒ヤスリ→紙ヤスリで仕上げます。変身後は二つに割れるので多少厚みはあってもOK。

次は胴体。
Dscf5795.jpg
Dscf5796.jpg
ここも普通に組めますがサイドに合わせ目がきます。消す為には肩関節が邪魔です。そのためココはスルー。ライン処理としました。←ヲイヲイ。

しかし真面目な話、こういった選択も重要です。今回の場合リスクを考えると

①関節をマスキングして合わせ目を消す。
見栄えは良くなるが、塗装の手間が増える。はみ出る可能性もある。

②合わせ目をライン処理。
設定に無い線はできるが側面脇下なので目立たない。塗装があっさりできる。

となります。どうしても設定にこだわりたい人は①しか選択肢がありませんが塗装の見栄えや時間を重視するならば②のほうが良かったりします。

Dscf5794.jpg
同じ理由でバックパック側面もライン処理。(笑)

Dscf5797.jpg
下半身もヤスリがけして仕上げました。


さて本日はここまでです。って発売は今週の木曜なんですが・・・・。間に合うのか・・・・。

ちなみにある方に依頼中のデストロイモードの進行状況は以下のとおり。
Dscf5791.jpg
塗装しながら仕上げているらしい為、完成が想像できそうなのであえてピンぼけにしてあります。お楽しみに!ヤバイ・・・。すごい出来てる・・・。私も急がにゃいけません・・・。


話は変わりますが当店クルトン君がミラージュフレームを素組んでくれたのでご紹介します。
Dscf5798.jpg
おおっ!かっこいい。持っている剣は妖刀「天羽々斬(アメノハバキリ)」。

Dscf5799.jpg
頭部、腕部、足首が回転!異形のグラディエーターモードに!
けどこのミラージュはもっと異形になっちゃいます。詳しくは店頭にて!

製作に関する質問なんかも受け付け中ですよ~。では今回はこれにて~。

スポンサーサイト

2009年11月15日 製作記 トラックバック(-) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。