ザ・ワールド! ポストホビー厚木店です!

ザ・ワールド!のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ザ・ワールド!

横断歩道の白い部分を歩くクルトンです・・・

ささっ!今日入荷の商品を紹介したいと思います

Vガン再販

Vガンシリーズの8月再販分が入荷いたしました!
休日の関係で店頭に到着したのは九月になってしまいましたが、ちゃんと入荷いたしましたよ。

V好きのクルトンからしてみればマストバイアイテムですね。
UC最後のシリーズであり、ゆとり世代が初めてガンダムを知るきっかけとなった作品なのではないでしょうか。作品の立ち位置としては注目されにくい作品であるかな?と思っております。
作品の世界観はガンダムを擁するレジスタンス組織であるリガ・ミリティアが恐怖政治を行うザンスカール帝国に対し立ち向かうといった王道的なストーリーなのでありますが、本作のヒロインシャクティが迷走を繰り返し戦争の混乱と厄介ごとを引き起こすとんでもない話であります。

オープニングのシャクティの顔が象られた星屑の前をウッソが走っているシーンは実に訳のわからない構図であります。
また、本作には残酷なストーリー展開があり、感動を誘うというより戦争に対する虚しさであったり、悲しさを従来の作品以上に感じる事ができます。

肝心なMS「Vガンダム」のデザインはカトキハジメがデザインしており所々の曲線具合がたまらなくイイと私は感じております。また、変形合体機構がZZ以来久々に取り入れられた機体であり少年心をくすぐられる思い出の機体となっています。
敵MSはネコ目といわれるような奇妙なカメラアイが取り入れてある斬新なデザインとなっています。コレに対しカッコイイ、かっこ悪いの判断はお任せします。
主人公(ウッソ)が敵の機体(シャッコー)にアレほど長い時間乗るのは珍しいのではないでしょうか。

キットの内容としましても、1/144、1/100共にプロポーションは良好であり今作ってみても非常に楽しめる物になっているのではないでしょうか。
難点を挙げるとすれば、アンテナが軟質素材なので塗装派は、複製をして塗らないと塗装がはげてしまうので辛いところです。

1/100は色分けは初心者には組んだだけでも楽しめる多色成型になっており完成度は高いです。が・・・塗装派はマスキング地獄になること間違い無しです(笑)

といったようにVには他のシリーズに無いような要素が沢山詰まっていますので注目してみてくださいね☆

スポンサーサイト

2009年09月01日 オススメ商品紹介 トラックバック(-) コメント(1)

 Vは良いですよね。シャッコーは遮光器土偶って、ことなんですよね。
よく見るとクラップとか、ヘビーガンとか、出てくるんですけどね。これ程、敵の兵器分捕る作品はないっすしね。

2009年09月01日 えば URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。