星が降りしきるペントハウスで~HGUCザク編その4 ポストホビー厚木店です!

星が降りしきるペントハウスで~HGUCザク編その4のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

星が降りしきるペントハウスで~HGUCザク編その4

こんにちわ。ガンダム担当Oです。
久々にZZの旧キットが再販しました。私的にはRジャジャがオススメですが出来は・・・。ジャムルフィンやガザDはかなりの良キットですので是非手に取ってほしいです。
また現在HGUCとMSVの二個一を製作中ですが、ZZキットの中にもHGUCと二個一できるキットが何種類かあります。色々考えてみると楽しいかも・・。

では製作です。前回の続き、頭部から。
DSCF1978_convert_20081101110347.jpg
全体にヤスリ掛けをしてサフ吹き直前まで仕上げました。動力パイプは悩みましたがキットのままです。アサフレックス製なのでヤスり難いですが、じっくりパーティングラインを消します。アンテナは折れない程度に薄く、シャープに。

下腕部バルジです。
DSCF1979_convert_20081101110443.jpg
前回、盛り付けたパテを紙ヤスリで成形しました。ポリパテは目詰まりしやすいので水に浸けてやする「水研ぎ」をオススメします。削り粉も舞わないので一石二鳥です。
またコトブキヤ丸モールド中央にはピン跡があります。そのままでは消しづらいのでコトブキヤのエッチングを貼り付けて隠します。

バックパックです。
DSCF1980_convert_20081101110531.jpg
基部を接着、成形したらいよいよその他の部品も接着します。バーニアだけはまだオアズケ。

DSCF1982_convert_20081101110701.jpg
背中に装着してみました。うーん、かっこいい。装着に併せて胴体部の動力パイプも、もう少し短くしています。

今回はここまでです。次回は胴体を煮詰めたりすると思います。
ではまた次回~。


スポンサーサイト

2008年11月01日 製作記 トラックバック(-) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。