たまにはガンプラも・・・ ポストホビー厚木店です!

たまにはガンプラも・・・のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

たまにはガンプラも・・・

さてさて三日連続更新のクルトンです!!

前2回は不思議シリーズを取り上げましたが今日はホームグラウンドのガンプラを久々に取り上げようと思います。

では・・・

トランザム

トランザム祭りじゃ!!
棚が赤い・・・

最近OOシリーズの主要機体とスサノオがトランザム仕様で再登場!!

発売ペースも早いので棚に赤い壁が!!

キットは通常商品の色変えですが、ただ赤いだけではないですよ!
グロスインジェクションといってパーツに光沢が入っており、劇中のトランザムの輝きが素組みで再現できます。

セラヴィーガンダムに関しては通常ではセラヴィーとセラフィムが別売りだったのですが、トランザム仕様はセットなのでいちいち探さなくても劇中の設定が一発で再現できます。

また、リボーンズガンダムのトランザムモードも発売が控えているのでこちらにも注目したいところです。

さて最近は色変えが多いOOシリーズですが、劇場版が公開されるにあたって新製品が続々と発売されると思いますのでこちらにも期待したいところです。

ところでSEEDの劇場版の話は何処へやら・・・まぁ気長に待ちましょう・・・(笑)

お次は、もはや旧キットととなりつつあるエンドレスワルツシリーズからガンダムナタクです。

ナタク

劇中ではTV版のシェンロンガンダム、アルトロンガンダムも五飛が機体の愛称として呼んでいましたが、本作品のキットではナタクの愛称で発売されております。
エンドレスワルツの五機体全てにおいて言えることですが、メカニックデザインが大河原邦夫からカトキハジメに変わったことによりデザインの劇的変化がおき、当時の自分としては新鮮だったと共に世界観が良く分からなくなってしまったことを覚えています。

キットの内容はプロポーションも非常に良好であり細身でスタイリッシュな感じが特徴です。
肘から伸びるドラゴンハングはTV版以上にインパクトを与える重量感で凄くカッコイイと私は思っております。

アームパーツが複数付属しドラゴンハング展開状態がダイナミックに表現できるところも魅力の一つでしょう。

一つ言わせて貰えばビームトライデントのビーム部分がクリアーパーツならばなお良かったかなと感じております。
まぁこれも旧キットの特徴ですね(笑)

本編では敵役的な立場でありましたがそれだけでは片付けられない魅力が詰まっていると思います。

ということで今回はこんな感じで終えましょう。

スポンサーサイト

2010年01月12日 オススメ商品紹介 トラックバック(-) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。