ポストホビー厚木店です!

厚木サティ8階・ポストホビー厚木店の新入荷、イベント、オススメ商品を発信中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

00セカンドシーズンまであと一週間!

こんにちは!ガンダム担当Oです。またしばらく間が空いてしまいすみませんでした。
ついにルルーシュ皇帝が倒れ、00の放映が近づいてきました。そんな中、私はスパロボを・・・もとい00ガンダムを作り進めていきます。

今回はエアブラシのラスト、グレー部の塗装からです。ここはマスキング箇所が非常に多いので気長にマスキングしていきましょう。各パーツをマスキングし終えたら塗装します。
IMGP0440_convert_20080929145543.jpg
塗装が終えた状態。塗った色はニュートラルグレー+マホガニー少量。色味をやや茶系に振ってあります。塗装が終えたらマスキングテープをゆっくり剥がしましょう。

IMGP0441_convert_20080929145648.jpg
これで全てのパーツのエアブラシ塗装が終了です。次は細部(頬脇のダクトやマスク部のグレーなど)を筆で塗っていきます。またエアブラシのマスキング漏れやはみ出しがあればこの段階で修正します。

修正方法解説(面倒な人は飛ばしてね。)
マスキングを綺麗に仕上げるのは至難の技です。特に曲面などは難度が高く、神経を集中して貼っても意外と漏れてたりするものです。
そこですぐに「やり直し!」という方がいると思いますが余程酷く無い限りは筆塗りやヤスリで対処可能です。
まず色がやや乗らなかった場合。これは筆で足りない場所をリタッチするだけで対処可能です。コツは細い筆(タミヤのモデリングブラシHF極細が安くてオススメ)で薄めの塗料で塗るのがポイントです。
逆にはみだしてしまった場合は乾くのを待って2000番のペーパーでゆっくり少しづつやすっていきましょう。ヤスリ跡が若干残りますが2000番の傷なら最後のトップコートで消えるので心配無用です。

IMGP0442_convert_20080929145746.jpg
そしてついに筆塗りも終了です。ここまできたらおおまかに組んでしまいましょう。ようやく完成が見えてきました。

今回はこれにて~。次回はいよいよスミ入れに突入です。果たして放映に間に合うのか!?←いやせめて間に合わせようよ。(笑)というわけで頑張ります~。

スポンサーサイト

2008年09月29日 製作記 トラックバック(-) コメント(0)

本日の入荷商品♪

みなさんおはようございます。
簡単ではありますが本日の入荷商品です。

バンダイ
超合金魂 闘将ダイモス \17,640(税込)→\16,758(税込)
G.F.F. NT-1アレックス \4,725(税込)→\4,252(税込)
M.I.A. ガンダムナドレ \2,625(税込)→\2,100(税込)
M.I.A. ヅダ2番機 \1,680(税込)→\1,344(税込)
M.I.A. ヅダ予備機 \1,680(税込)→\1,344(税込)
E.M.I.A. 量産型ゲルググ \2,100(税込)→\1,680(税込)
セイントクロスマイス 海皇ポセイドン 通常版 \5,775(税込)→\5,486(税込)
セイントクロスマイス 海皇ポセイドン ロイヤルオーナメント版 \10,500(税込)→\9,975(税込)
S.I.C. 仮面ライダー電王ガンフォーム&リュウタロスイマジン \6,300(税込)
S.H.フィギュアーツ ドモン・カッシュ \2,625(税込)→\2,493(税込)
プロッププラスプチ コードギアス 反逆のルルーシュR2 Vol.2 \473(税込)
ムービーリアリゼーション バットマン&バットポッド \8,925(税込)→\8,478(税込)
1/35 コードギアス ヴィンセント ロイヤルコーティングVer. \3,990(税込)→\3,192(税込)
HCMpro 連邦軍MS小隊最前線セット \3,990(税込)→\3,192(税込)
エアショックバトル 1/12 ビームサーベル \4,980(税込)→\4,482(税込)

タミヤ
ミニ四駆 アバンテMk.Ⅲネロ(MSシャーシ) \945(税込)→\756(税込)
ミニ四駆 ダッシュ0号・地平 \1,155(税込)→\924(税込)
ミニ四駆 ダッシュ001号・大帝 \1,155(税込)→\924(税込)

トミーテック
鉄道コレクション 第8弾 \630(税込)
ザ・カーコレクション Vol.6 \504(税込)
Nゲージ JR24系 さよなら銀河 \27,090(税込)→\21,672(税込)

カトー
2019-1 Nゲージ C62 18(さがりツバメ) \11,970(税込)→\9,576(税込)

なかには少量入荷のものもございますので商品の在庫に関してはお問い合わせ下さい。

2008年09月27日 新入荷 トラックバック(-) コメント(0)

塗装編~その2

こんにちわ!ガンダム担当Oです。
今日はいよいよスパロボZの発売日ですね!私も仕事終わったら速攻買います。
なんといってもオススメはグラヴィオンですよ~。もう待ってましたって感じです!
では今回の製作いってみましょう。

まずは黄色の塗装からです。
IMGP0431_convert_20080925111339.jpg
アンテナはマスキングが必要です。意外とムズイです。細く切ってじっくり貼りましょう。
IMGP0433_convert_20080925111455.jpg
黄色は発色しづらいのでまず下地色としてホワイト+イエロー少量を塗装します。いわゆるクリーム色です。
IMGP0435_convert_20080925111551.jpg
そして上塗り。黄橙色+ホワイト+蛍光オレンジ少々。ぎりぎりオレンジに見えるくらいを狙っています。

お次は赤の塗装です。
IMGP0438_convert_20080925111647.jpg
こちらも同様にまずは下地から。ホワイト+レッド少量。いわゆるピンクです。
IMGP0439_convert_20080925111746.jpg
そして上塗りが完了した状態。レッド+ホワイト+蛍光レッド+蛍光オレンジ少々で塗装しました。オレンジよりの赤です。

更にクリアー部品も塗ります。
IMGP0430_convert_20080925111244.jpg
左からクリアーグリーン、クリアーレッド、クリアーブルーです。


説明コーナー(面倒な人は飛ばしてね)

混色について説明不足な所もありますので今回の塗り方を少し解説したいと思います。
模型において塗装が完成に大きく影響します。乱暴な言い方をすれば「プロの作例を筆で適当に塗ったもの」と「合わせ目も消さずに素組みして塗装だけは綺麗に仕上げたもの」では素組みのほうが良く見えるはずです。
ではどうすれば上手く塗れるのか?となった時に重要なのが発色です。今回念入りに下地を塗っているのはその為です。
さらに今回の塗装では「空気遠近法」という技法を取り入れています。これは絵画に用いられる手法であり「遠くの物ほど白っぽく見える」という視覚効果を考慮したものです。ガンダムの実物は約18mですがその色をそのまま13cmの模型に塗るとリアルとはかけ離れたものになります。そこで縮尺模型であることを考慮して「空気遠近法」を使うわけです。
今回の混色で各色にホワイトを混ぜているのはその為です。またホワイトを混ぜると明度は上がりますが彩度は下がります。そこで蛍光カラーを混ぜているわけです。
この技法は「モデルグラフィックス誌の作例」や「バンダイ製トイ、ガンダムフィックスフィギュレーション」等で用いられているので参考にすると良いと思います。


今回はここまでです~。では帰ってスパロボやります!(オイオイ)
いや、ちゃんとダブルオー作ります。そんなわけで次回はグレー部の塗装に突入です!ではでは~。






2008年09月25日 製作記 トラックバック(-) コメント(0)

塗装編~その1

どうも~。ガンダム担当Oです。
ついに発売になりましたHGダブルオーガンダムですが私はまだ出来ていません。(泣)
とはいえやるしかないので今回も進めていきます。

さて今回は塗装編です。まずは準備から。
IMGP0424_convert_20080923155633.jpg
パーツを棒に固定します。棒は竹串やランナーで充分です。両面テープで固定します。固定した棒を発泡スチロールに刺せば準備完了です。なお自宅撮影の為、写真が暗いのはご勘弁を。
IMGP0425_convert_20080923155729.jpg
棒に固定しづらいパーツはクリップで固定しましょう。

まずはサフ吹きから。今回は発色を優先してホワイトサーフェイサーを使用しています。
IMGP0426_convert_20080923155823.jpg
サフ吹きが完了した状態。あくまで下地なので完全に発色していなくてOKです。厚ぼったくなる可能性もありますので傷が発見できるくらいにしておきましょう。

いよいよ白いパーツを塗ります。使用した色はホワイト+パープル少々。
Imgp0427_convert_20080923155949.jpg
塗り終えた状態。白は発色しづらいので二回重ねます。

お次はブルーを塗装します。
IMGP0428_convert_20080923160049.jpg
青も発色しづらいのでまずは白+ブルー少量の水色で下地作り。ここは上塗りに影響するのでしっかり塗っておきます。
下地を塗ったら上塗りします。使用カラーはコバルトブルー+ホワイト+蛍光ピンク少々。
Imgp0429_convert_20080923160752.jpg
塗り終えた状態。ぎりぎり紫に見えるかぐらいの青にしてみました。

今回はここまでです。それにしても写真が暗くてホントすまんです。まあ完成後の楽しみということでお許しを。次回は赤とか黄色とか塗ると思います。でわでわ~。




2008年09月23日 製作記 トラックバック(-) コメント(0)

ガンプラ新入荷情報!!アツいぜOO

遂にこの日がやってまいりました!
OOガンダム入荷しました!強気の入荷数でお客様を圧倒するOOの壁が出来ておりました!

OO.jpg

出来ておりました?なぜ過去形?そうです!OOガンダム大人気で爆発的に数が減ってきております!コレは一大事です早くGETしてください!(若干のオーバーリアクションですが)
充分な数ご用意していますが買い逃しのないようにお早めにお願いいたします。
24日にはハイコンのOOガンダムも店頭に並ぶと思うので、そちらも宜しく!!

タイプD

こいつも同時に入荷いたしました!GNアームズタイプD!
デュナメス仕様のGNアームズもさながら、追加武装のGNピストルがコレクターにはたまらなく嬉しい!ロックオン追悼の為に買ってやってください(二期では生きているようですが!?)
とはいうものの、GNアームズ光の速さで完売いたしました(スイマセン)
しかし明日また入荷する予定なのでご安心を。このブログをみて狙い撃ちしちゃってください(笑)

ちょーりょー

紹介が一日遅れましたが、BB戦士三国伝の張遼ゲルググです。
ゲルググがBB戦士に登場するのは久しく無かったのでは?そんなことを感じさせない出来栄えです!はっきり言ってカッコエぇ~て感じです!即買するべきです!

それではまとめです・・・
【バンダイ】
・HG OOガンダム
 ¥1,050税込)→20%off ¥840(税込)
・HG GNアームズタイプD
 ¥6,300税込)→20%off ¥5,040(税込)
・張遼ゲルググ
 ¥630税込)→20%off ¥504(税込)

ではご来店お待ちしております!

2008年09月22日 新入荷 トラックバック(-) コメント(0)

悲しき新兵器

今回紹介するのは、「ANIGRAND CRAFT WORK」のレジンキットの紹介です!

ANIGRAND CRAFT WORK?と思われる方も多いのではないのでしょうか。

ANIGRAND CRAFT WORKとは、2002年に香港にて設立されたレジンキットメーカーです。
2002年に設立されたこともありまだ知名度は低いようですが、その特徴は今までに無いコアなものです。
このメーカー最大の特徴は、実験機や試作機などの軍で実際に運用されなかった機体を、多くモデル化しているファンにはたまらなく嬉しいメーカーなのです。

とりあえず写真を1枚・・・

アニグランド

写真は、Northrop M2-F2 Lifting body(左側)とDouglas XF5D-1 Skylancer(右側)です。
この二点は入荷商品のごく一部ですが、独断と偏見で気に入ったのをチョイスしてみました。
店頭にはまだまだマニアックなものが並んでいます。 
ではでは・・・

アニグランド2

まずは、Douglas XF5D-1 Skylancerです。
キットの写真じゃイメージが湧かない!!と言うアナタに!

AA2055_XF5D-1_real_1.jpg
ジャジャ~ん!この機体のリアルな写真です!!
この機体はアメリカ海軍の戦闘機で、製造はダグラス社
海軍のスカイレイの後継機を目指し開発されていたのです。しかし・・・
試作機2機と先行量産型2機が開発されたが、F-8が正式採用されたことにより、計画はストップしたのでした。
しかし、まだ彼らは終わってなどいませんでした!後にアメリカ航空宇宙局(いわゆるNASA)で運用され、現在ニール・アームストロング航空宇宙博物館に一機展示されているようです。

アニグランド3
お次は、Northrop M2-F2 Lifting body

AA2015_M2-F2_real_1.jpg
う~ん・・・かわいらしいフォルムですね~(笑)
NASAの飛行実験に運用された機体らしいです。この特徴的なフォルムは、空力を巧に取り入れた結果のフォルムで音速飛行を可能にする形だったのです。
改良を加えたのち、1972年に現役を引退したのでした。

との具合ですが、いかがでしたでしょうか?
こう調べてみますと、まだまだモデル化されていない飛行機は星の数ほどあるようです。
あんな機体が欲しいな、コレがモデル化されれば!!という方・・・
今後この「ANIGRAND CRAFT WORK」に期待して見ましょうではありませんか!

では今回のおさらいは・・・
【ANIGRAND CRAFT WORK】
・Douglas XF5D-1 Skylance
 当店価格 ¥6,237(税込)
・Northrop M2-F2 Lifting body
 当店価格 ¥4,410(税込)

当店は他にも多くのANIGRAND CRAFT WORKのキットがあります。
気になる方は是非店頭までよろしくおねがいします!

*レジンキットは上級者向けです

2008年09月22日 オススメ商品紹介 トラックバック(-) コメント(0)

表面処理編~その2

こんにちは。ガンダム担当Oです。
いよいよ張遼ゲルググが発売になりました。皆さん素組みましたか?私は素組みました。(笑)マッシヴなフォルムやマントがシールドに変わるギミックは見ものです。あなたの机上で関羽と熱い闘いを繰り広げましょう!
では今回の製作いってみましょう。

DSCF1687_convert_20080920125908.jpg
背部~ツインドライヴの表面処理です。ドライヴ受けの青いパーツ裏は丸いピン跡が盛りだくさん。真面目に消すと大変なのでコトブキヤのエッチングユニットをそれらしく貼り付けて隠します。
バックパックとドライヴの接続アーム(グレー部)の下部に肉抜き穴があるのでポリパテで埋めます。

DSCF1688_convert_20080920130655.jpg
お次はGNソードⅡ二振り。持ち手カバーの青いパーツ裏にもピン跡があるのでこれもエッチングで対処します。グリップの肉抜きは埋めるとソードモードにできなくなるので注意。基部の丸モールド中央に大胆にパーティングラインがあるので、いっそのことモールドごと消してしまいエッチングで再生すると楽です。クリアー部分はヒケが凄いので見栄え優先でヤスリました。透明度を優先する場合は灰部全体とクリアー部のパーティングラインだけ消すと良いでしょう。
刃の部分は薄くするか悩みましたがライフルの銃身にもなるのでそのままとしました。また両サイドに穴(銃口?)があるのですが用途不明なのでこちらも開口せずそのままとしました。

DSCF1686_convert_20080920125818.jpg
以上で表面処理終了です。次回からは塗装編に突入!もはや発売は明後日に迫り、絶対に間に合わないことが判明しているこの企画。どうする、どうなる、乞うご期待!


2008年09月20日 製作記 トラックバック(-) コメント(0)

鉄槌の騎士ヴィータに砕けないものは何もないんや!

というわけで入荷しました。
アルター製ユニゾンヴィータです。残念ながら通常版は予約完売でした・・。
DSCF1685_convert_20080918153947.jpg
リーンフォースツヴァイと合体してスー○ーサ○ヤ人のおっさん、ゼストと激しい戦いを繰り広げたその姿を是非!在庫残少です。

2008年09月18日 新入荷 トラックバック(-) コメント(0)

表面処理編~その1

ご無沙汰してました。ガンダム担当Oです。
更新していなかったのは、けっしてミニ四駆を走らせに秋葉某所に行ったりしてたからではありませんよ。いやホント申し訳ないです。

でここまで表面処理を完了しました。
DSCF1681_convert_20080918115726.jpg
ドライヴと武器がまだだったりしますが全体にヤスリがけしました。
DSCF1682_convert_20080918115822.jpg
胸部アップです。白く曇っているのが分かるでしょうか。ヤスリをかけるとこうなります。その為、全塗装することが大前提となります。

具体的な方法としては紙やすりを400番~600番の順でかけるだけです。パーツには合わせ目の他にもパーティングラインと呼ばれる本来無いはずの線(今回は上腕や肩関節にあります。)やヒケと呼ばれる本来無いヘコミがあります。それを消すわけです。平面はプラ板などで当て木して使用します(月世製タイラーがオススメ)。微妙な曲面は紙ヤスリを四つ折して対応しましょう。ダブルオーは平面にみえて微妙に丸まってる面がありますので注意しましょう。また深いヒケ、深いパーティングラインは瞬着を一度塗ってからヤスると良いです。ディティールが集中してる箇所は逆に角が落ちてしまったりするのでヤスリは避けましょう。

また今回は全体ヤスってますが、時間の無いかたは広い面や光が当たる所だけでもヤスっておくと随分違います。

更に下腕のへこみディティールが寂しかったのでウェーブ製のUバーニアフラット(長方形)を入れてみました。そのままでは入らないのでバーニアの四辺を少しカットして一回り小さくします。
DSCF1683_convert_20080918115914.jpg

肩アーマーのサイド部分の合わせ目は非常に消しづらい上に目立ちます。コトブキヤのエッチングユニットで隠してしまいましょう。
DSCF1684_convert_20080918120002.jpg
肩に見える金色の部分がエッチングです。

というわけで今回はここまでです。次回は残った部分の表面処理に突入です!でわでわ~。



2008年09月18日 製作記 トラックバック(-) コメント(0)

後ハメ加工~その2・・・?

皆さん元気に模型作ってますか?どうも。ガンダム担当Oです。
今日はMGザク高機動型R-2ver,2.0(ジョニーライデン機)とHGイナクトカスタム(モラリア実験機)が入荷しました。そんな中、私は00ガンダムを作り進めていきます。

今回は腕部、脚部、武器の後ハメ加工の予定でしたが・・・。
DSCF1676_convert_20080911144641.jpg
腕部構造。後ハメが必要無い構造です。肩アーマーと下腕に合わせ目が出ますので接着します。
DSCF1677_convert_20080911144728.jpg
脚部構造。これも後ハメの必要がありません。股関節とモモフレームに合わせ目がありますので消しておきます。
DSCF1678_convert_20080911144818.jpg
武器構造。ここはクリアーパーツをグレーの基部で挟み込む方式なのでクリアーパーツのT字型ピンを削り、はめ込めるようにします。

そんなわけでほとんど後ハメの必要がありませんでした。次回からは紙ヤスリでの表面処理に入っていきます。ここからが長くて面倒ですが根気良くいきましょう!

オマケ
DSCF1675_convert_20080911144542.jpg
本日、ハイコンPROのサンプルが届きました。HGでは付属しないシールドやHGでは再現できないランサーモードなどのギミック付きです。テッカ○ンブ○ードみたいですね。スタンドも欲しかったところです。発売日はHGと同様24日になりますのでよろしくお願いします~。



2008年09月11日 製作記 トラックバック(-) コメント(0)

後ハメ編~その1

こんにちは。ガンダム担当Oです。今日もモリモリ作ります。

まずは頭部。
DSCF1671_convert_20080909144448.jpg
定番工作ですね。アンテナを尖らせます。まずフラッグ部(アンテナ先の安全用ガイド)をニッパーで切り落とします。あとは鉄ヤスリ(目立てヤスリがオススメ)で削っていきます。指の腹でアンテナをおさえて折らないように注意しましょう。とんがり具合は好みによりますがやり過ぎは折れやすくなるので注意です。
DSCF1672_convert_20080909144543.jpg
お次は頭部の後ハメです。非常に後ハメしづらい構造です。ヘルメットの下からフェイスが入る様にします。まずヘルメットを接着します。ヘルメットは頬の裏側と首付け根周辺を削ります。ナイフで少しずつ噛み合わせながら行います。フェイス側は後部センサーが目と一体成型なので後部センサーを切り離しヘルメット後部に差しこめるようにします。
更にヘルメット後部のアンテナ裏に肉抜き穴があるのでポリパテで埋めておきます。

胴体です。白いクラビカルアンテナは尖らせておきます。
DSCF1673_convert_20080909144631.jpg
胴体も後ハメが必要。青いパーツの合わせ目を消します。グレーの腹部のピンを全て切り落とします。
DSCF1674_convert_20080909144726.jpg
更に後方上部も削ります。こうすることで胴の後ろから腹部を差し込めます。こちらもじっくり擦りあわせていきましょう。

今回はこれにて終了~。次回は腕か足にいくと思いますので乞うご期待!



2008年09月09日 製作記 トラックバック(-) コメント(0)

絶品紹介♪

1/18スケール LAMBORGHINI Reventon 入荷しました。

ポストホビー別注にてMRコレクションよりメタリックレッドのレヴェントンがリリースされました。
限定20台ということで希少性がありコレクションの中心になりうる存在感抜群のモデルになります。
ホイールはゴールド、内装はホワイトと絶妙な配色となっております。
マットブラックも良いですがこれはこれで雰囲気良いですね☆

                                            MADE IN ITARY
\60,900(税込)

ph02.jpg

2008年09月09日 新入荷 トラックバック(-) コメント(0)

まずは仮組み・・・。

どうも~。ガンダム担当Oです。
HGダブルオーガンダムを早速仮組みしてみました。
DSCF1649_convert_20080907183013.jpg
雑誌で見た時は頭デカイ、胴太い、正直微妙・・。と思っていたのですがそんなに悪くなくてびっくり。雑誌だとアオリの写真が多かったからでしょうかねえ。
DSCF1650_convert_20080907183529.jpg
専用武器GNソードⅡです。上がソードモード、下がライフルモード。剣先の角度が変わります。
DSCF1651_convert_20080907183210.jpg
アクションポーズ。新型ポリキャップにより大胆に可動します。ちなみに肩のドライヴはエクシアとOガンダムの物らしいです。名称ツインドライヴ。出力は2倍でなく2乗されるらしいです。

では製作ですが仮組みの注意点を少々。
DSCF1652_convert_20080907183640.jpg
ピンはナナメに切り落としておくと後々外すのが楽です。関節など力の掛かるパーツは切らないように注意しましょう。
DSCF1653_convert_20080907183735.jpg
付けたら外れなさそうなパーツは我慢して取って置きます。特にGNコンデンサー部のクリアーパーツはご注意を。

というわけで本日はここまで~。発売日までには間に合わせる予定なので生温かく見守っていただけるとうれしいです。ではまた次回~。




2008年09月07日 製作記 トラックバック(-) コメント(0)

その再生を破壊する!

どうもこんにちは。ガンダム担当Oです。
ダブルオーのセカンドシーズン開始まであと1ヵ月ですね。待ち遠しくて夜も眠れない昨今、バンダイ様より宅配便が来ました。
DSCF1645_convert_20080906132746.jpg
謎の白い箱が・・・。これはもしや・・・。恐る恐る開けてみると・・・。
DSCF1646_convert_20080906132912.jpg
今月発売の「HG ダブルオーガンダム」じゃあないですか!?
DSCF1647_convert_20080906133007.jpg
説明書をちょっぴりご紹介。
DSCF1648_convert_20080906133126.jpg
ランナー構成はこんな感じです。これで定価1050円って安いんじゃないでしょうか。

そんなわけで正式な発売までまだ二週間あるので模型誌よりも早くファーストレビューを敢行いたします。進展状況はこのブログに随時アップいたします。ご期待下さい!



2008年09月06日 製作記 トラックバック(-) コメント(0)

究極の趣味の世界へ・・・

今回紹介するのは「GHQ」です!
まずは、写真を・・・

GHQ2.jpg

GHQ.jpg

釣具屋のルアーではないことをお伝えしたい。

GHQとは、ボードゲームを代表とするウォーゲームを、よりリアルに体感するための駒となるミニチュアを製作するメーカーです。

1960年代初頭にはあまりウォーゲームの知名度は無くそれに対応するミニチュアも僅かに存在するだけでしたが、GHQは手軽にウォーゲームを楽しむべく従来のミニチュアより遥かに小さくクオリティーの高いミニチュアを製作することになりました。またシリーズラインナップは、第一次大戦から現代までと幅広い年代の兵器をモデル化しています。

今回紹介するのは海戦ゲームに用いるGHQ社製Micronautsシリーズです。
Micronautsシリーズは海戦ゲームに用いる戦艦をラインナップするシリーズで、1/2400スケールの戦艦で太平洋戦争中の日本戦艦から、米軍の戦艦まで取り揃えております。

素材はホワイトメタルで、模型上級者を対象としたミニチュアとなっています。

GHQ3.jpg

上の写真は赤城です。1/2400スケールだけあってパーツは細かいですが、精密なディティールは満足すること間違いなしでしょう。また重量もあり重厚感に溢れています。

ウォーゲームを愛好する皆さん、はたまた初心者の方もきっと満足できるものであると思いますので、是非店頭で確認してみてください。
ではでは・・・

2008年09月03日 オススメ商品紹介 トラックバック(-) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。